スポーツ配信

スポーツのライブ配信を行う場合
視聴者を集めることがポイントです

どんなスポーツのライブ配信を行うか?
そのスポーツのファンは集まるのか?

SweetsCafeのライブは有料課金なので
ファンが集まらないリスクがあります

対象となるスポーツのライブ配信を行う場合は、視聴者をゼロから集めるのではなく、そのスポーツのファンが集うコミュニティのメンバーと仲良くなり、そのコミュニティで盛り上がると上手くいくと思います。
コミュニティ向けにイベント・カレンダ―&予約にて、ライブの告知を行い、皆さんに視聴参加してもらうのが良いと思います。 運営協力金という名称でサブスクで会費徴収するとか、専用のネットTV局を演出して、出来るだけ沢山の運営メンバーが協力して動いてくれるようになれば成功すると思います。

カレンダーにライブやイベントを掲載、商品やサービスを予約販売する

イベントや予約システムに経費をかけることなく、無制限の数のイベント登録とチケット販売&入場確認が可能になりました。
リアルのヨガや美容院の予約はもちろん、映画館の座席指定も簡単に実現できます。(毎日定時。毎週金曜定時等のマルチ定時設定が可能)

各サービスの利用者は自動的にオーナー(主催者)のファンクラブに登録されますので、オーナーは「ライブ」や「イベント」を沢山開催することで、自然にオーナーのファンクラブ組織を拡大することが出来ます。この仕組みはお店の開店や起業の際の「常連客(支援者)」の組織となります。ライブやスクール講座・検定で指導をされる方は弟子を育てることで、多階層の巨大組織構築を行うことも出来ます。(弟子を認定する修了証明書をご活用ください。)

各種サービスとファンクラブの連携
・取得済:特許第6849976号 ・出願中:特願2020-16073号

ライブコマース+投げ銭

これまでのライブでは「ライブ+投げ銭」が普通だと思います。
SweetsCafeでは、収入を獲得することを目的としていますので、これまでの「ライブ+投げ銭」でも構いませんが、「ライブコマース+投げ銭」を活用してライブ主催者の魅力や能力またはスキル等をベースにした何らかの価値をライブで販売して収入を稼ぐ仕組みとしてご利用ください。

自動ファンクラブ(サロン)

SweetsCafeの「ファンクラブ(サロン)」は、既存他社の「ファンクラブ(サロン)」とは異なり、多機能な各種サービスとファンクラブの連携して各種サービスをご利用されたお客様を自動的に「ファンクラブ)」に登録することで、ライブやイベント等を開催する度に、「ファンクラブ)」の登録者が増殖するという仕組みです。