SweetsCafeのライブ

時間制限なし・人数制限なし・超低コスト
SweetsCafeの利用シーン例

時間制限なし・人数制限なし・超低コスト

スマホだけで数百万人への大規模
ライブストリーミングができます。

専用の機材、スタッフなし、超低コストで誰でも利用可能
誰でも(資金不要)、こんな大規模イベントを実現できます!
※これは参考例ですが実際に誰でもご利用頂けます。
 必要なのはやってみようという気合いだけです。
イベント会場・劇場を360°VRパノラマツアーで案内出来ます。 チケット販売&入場確認、各施設案内そしてARライブコマースで 360°VR/ARで商品をじっくり見てライブ内で購入できます。

これらは夢や妄想ではありません。
実際にどなたでも実現できる内容です。

判らない場合は、各検定をご利用ください。

1)大規模ライブストリーミング

スマホだけで数百万人への大規模 ライブストリーミングができます。
SweetsCafeのライブやストリーミングは「時間制限なし・人数制限なし・超低コスト」であり、
スマホ1つでライブやストリーミングが出来るので「専用の機材、スタッフなし、超低コストで誰でも利用可能」ですので、通常数百万~数千万円もかかっていた運用コストを、限りなくゼロにすることが出来ます。

2)イベント会場・劇場VRパノラマツアー

イベント会場・劇場を360°VRパノラマツアーで案内出来ます。
チケット販売&入場確認、各施設案内そしてARライブコマースで360°VR/ARで商品をじっくり見てライブ内で購入できます。
会場に入る前の事前チェックは、もちろん、会場に行けない人でも、会場に行っているのと同じ様に充分に満足できる仕組みです。

3)ライブコマース+投げ銭

SweetsCafeでは、各種ファッションのコレクションの様に、会場のランウェイ上の商品は勿論、その他の出品やグッズなどをネット経由でのライブで購入することが出来ます。
「投げ銭」は、ランウェイやステージのモデルやタレントなどに対して「おひねり」の様に活用いたします。
通常のライブコマースの場合の投げ銭は、高級な割烹や旅館の仲居さんに渡す「心付け」の様な使い方、タレントのライブの場合は、従来のライブでの「投げ銭」と同じように使うことが出来ます。

4)動画などの埋め込み

ライブやストリーミングの画面に「YouTube等の動画」他のサイトの「コンテンツ」などを埋め込んで視聴者に見せることが出来ます。

5)チケット販売(イベントカレンダー)

SweetsCafeのイベント・カレンダー&予約システムは、下図のように「月・週・日・リスト」の4種類のイベント・カレンダー
イベント予約を行います。お客様は、イベントカレンダーのイベントをクリックしてチケットを購入することが出来ます。
先ずは、以下のサービスを使ってみてください。
SweetsCafeのイベント・カレンダー&予約システムで は、「マルチ定期イベント」と言い「毎月**日、**曜日の何時」と言う
風に連続的なマルチ定期イベントの予約を行うことが出来ます。
※利用例
1)美容院等の場合
担当者や店舗などで分類しないといけませんが、例えば担当者のイベントを準備して、他の担当者のイベントとURLでまとめれば、
複雑な仕組みにも対応出来ます。
2)ネットTV局の番組表の場合
マルチ定期イベント」を使って、地上局の番組表と同じ様に週と時間帯に番組を設定してください。
※1:地上局の番組表は、多数の局の情報を経済しますが、ネットTV局の番組表の場合は、最初は自前の1局での展開になるので、
最初は、オリジナルのまで実現できます。
※2:協力関係にあるネットTV局をまとめて地上局と同じ様に複数の局をまとめたい場合は、美容院の複数の担当者の方法と同じ様に、
局ごとにURLを変えてURLでまとめることで、目的を実現できます。

6)チケットによる入場確認

SweetsCafeの「イベントカレンダー&予約システム」で
は、イベント主査者が設定することで「チケットPDF」と「QR入場確認」の仕組みを実現できます。o-na- 

7)自動ファンクラブ(サロン)

SweetsCafeの「ファンクラブ(サロン)」は、SweetsCafeの多機能な各種サービスとファンクラブの連携として
「取得済:特許第6849976号」「出願中:特願2020-16073号」の仕組みをベースにしています
従って、SweetsCafeの「ファンクラブ(サロン)」は、既存他社の「ファンクラブ(サロン)」とは異なり、多機能な各種サービスとファンクラブの連携して各種サービスをご利用されたお客様を自動的に「ファンクラブ)」に登録することで、ライブやイベント等を開催する度に、「ファンクラブ)」の登録者が増殖するという仕組みです。

1.豊かに安定収入を得るには「常連客」の支援組織を作ることです。

素晴らしく美味しいパンが出来て駅前にお店を開いたとします。
すでに「常連客という組織」を持って開業する場合は、最初から集客できて売上も上がり確実に成功のレールに乗ります。
常連客の組織を持たずに開業した場合、地道に常連客を増えるまで収入が上がらず必ず苦労します。
そのためには、対面で会話ができて気に入ってもらえて商品を買ってくれたら地味にでも常連客は蓄積できますので、お店を開業する前には必ず、余計なコストを掛けずにライブを何度も繰り返して「常連客」という支援者の組織を確実に増やしていきましょう。

まずは、10名
 その次は、100名
 そして、
  最初の目的、1000名、

どんな事業でも、1000名という「支援組織」を持つことが、とても重要なポイントであり、この数字をクリアすることが成功への最も一番の近道と言えます。

Sweets.Cafe では、すべてのサービスをご利用または購入されたお客様を、自動的に「ファンクラブ」登録する仕組みになっています。
皆さんは、サービスや商品を変えるなど様々な趣向を凝らして、何度も対面での交流が出来る「ライブ」や「イベント」を活用して地道に「支援組織であるファンクラブ」の会員を増やしてください。

2.Sweets.Cafeで劇的に変わるネットサービス業界

「SHOP」や「予約システム」のサービス等は、単なるツールです。
集客や広告など一番大事なことは自分でやらないといけない なんておかしくないですか?
上記3項のようにSweets.Cafeでは「常連客が集い自動的に育成する支援組織」を実戦装備していますので、皆さんは無意識に内に、この機能の恩恵を受けて「常連客」の支援組織を獲得することが出来ます。

3.Sweets.Cafeでは、起業や開店の際の資金調達の仕組みも実装済みです。

SweetsCafeのライブ配信は仲間や支援者をを増やすためのコミュニティツールです。
しかも、ライブを実施する度に新規さんをファンクラブに自動登録出来る仕組みです。
「ファンクラブ(サロン)」は、開業・起業を目指す「あなた」のための「鉄板」の「常連客という組織」を作り、苦労なく開業・起業を成功させるための最高の仕組みです。
この仕組みは「ライブで仲間を増やし、共感者をファンクラブで支援者に育てる ことが出来れば開業時の資金調達に「失敗しないクラウドファン ディング」で資金調達も可能になります。

4.Sweets.Cafeは創業を支援します。

Sweets.Cafeの「失敗しないクラウドファンディング」
成功条件: ファン会員数 × 最低支援額 > 目標達成金額
この条件をクリアしたら、資金調達が可能になります。

SweetsCafeの「ファンクラブ(サロン)」は、SweetsCafeの多機能な各種サービスとファンクラブの連携として
「取得済:特許第6849976号」「出願中:特願2020-16073号」の仕組みをベースにしています

8)ARでライブコマース 360°VR

ARは未来へ導く魔法の杖

VRとARを一緒に使うと魔法が起きます。
ARを使えば靴屋に行かなくても自分に似合う靴を3Dで手に取るように見ることができます。
もちろん、バーチャルキャラによる接客対応も 可能ですので遠い未来の夢ではなく既に実際に実現可能な世界です。
ARを使うと以前流行った〇〇GOゲームの様に、GPS連動で施設や現地での観光案内に活用することも出来ます。
GPSで指定された場所に行くと、お持ちのスマホに突然、バーチャルキャラクターが表れてご案内が始まったり、バーチャルキャラクターがクイズを出してきたり、そこでしか買えない「お土産」をゲット出来たりと、アイデア次第で、可能性は無限大です。

9)バーチャルキャラクターでご案内

世界ではVRパノラマツアーは単なる『ご案内』を超えてARやゲーム空間の世界と融合が既に始まっています。
※特にバーチャルキャラとの融合は最適です。
部屋に入った瞬間にバーチャルキャラのご案内が始まるという内容やマーカーというアイコンをクリックしたら案内が始まるという仕組みが簡単に出来ます。(より高度を狙う場合はAIを使います。)

右図は、不動産案内の例です。
不動産の物件案内ではVR360°パノラマツアーは良く見るようになりましたが、SweetsCafeでは、360°撮影できるカメラ(最近ではスマホでも可能)だけでVR360°パノラマツアーを実現できます。

不動産で部屋から部屋に移動する場合は、部屋毎に360°撮影のデータ用意します。フェス等のイベントの場合は会場の様々なエリア毎に360°撮影することで、案内を行うことが出来ます。

10)オンライン講座・検定に連携&修了証明書

ライブによる講座/検定&修了証明書

これらの仕組みは各種サービスとファンクラブの連携として
「取得済:特許第6849976号」「出願中:特願2020-16073号」の仕組みをベースにしています

受講修了証明書を発行できます。
指導者認定検定としても活用可能

「講座/検定のスクール」に取り組むことで師匠として多数の弟子を持つ等安定した組織を持ち盤石且つ安定した収入の世界を確立できます。修了証明書は就職や転職の際のスキルとしても活用できます。修了証明書が発行されると講座/検定の評価は大きくなります。また、指導者認定検定や弟子の「のれん分け」の検定などライセンス発行としても活用可能です。

スクール(講座/検定)にてライブ講座などを行った場合、その動画や音楽音声の録画はダウンロード販売やレンタル販売、またはCD/DVD販売も可能になります。 また、ライブ配信の(講座/検定スクール)を書籍化して販売を行うことも可能です。