インタラクティブ広告動画が出来る動画共有サイトと、SNSコミュニティ会員サイトが奇跡の融合! ファンクラブやネット販売も!

Gzip 圧縮とブラウザキャッシュを利用することで表示速度UP

表示速度は検索順位を決定付ける指標

ページの読み込み・表示速度は、Googleが検索順位を決定付ける指標の一つとされており、サイトの高速表示化は重要なSEO対策のひとつです。
また、表示速度が遅いページはユーザーから敬遠され離脱率を高め、コンバージョン率を下げてしまうという調査結果が報告されています。

Googleは、ページの読み込み速度とユーザー直帰率の関係について研究結果を公開しています。その研究結果によると、ページ表示にかかる時間が1秒から6秒に増加すると直帰率は2倍以上に悪化してしまいます。ユーザー体験の向上を図り、成果の上がるサイトを作成するためには表示速度の高速化対策は必須となっているのです。

Gzip 圧縮とブラウザキャッシュ

ザ・トールは、高速表示を実現する最新かつ革新的な技術を多数装備。そのひとつが「Gzip 圧縮ブラウザキャッシュ」です。

表示速度の高速化対策といっても様々な対策がありますが、「GZIP圧縮・ブラウザキャッシュ」は高速化対策のなかでもトップクラスの効果があるとされています。

GZIP圧縮は、ファイルサイズを小さくする圧縮方法の1つで、ウェブサイトを構成しているhtml、JavaScript、css、xmlなどを圧縮することでデータ量が軽くなりサイトの表示速度を向上させる効果が期待できます。GZIP圧縮を採用するだけで、転送量が40~50%も削減されます。

ブラウザキャッシュは、閲覧ユーザーがページを訪問した際に、ブラウザがデータをキャッシュして保存する方法です。同じデータが必要な場合はデータのリクエストを行わずにキャッシュを用いてレンダリングを行います。レンダリングにデータ通信の必要がなくなりますので、結果として大幅に表示速度を上げることが可能です。
このように、Gzip圧縮とブラウザキャッシュの利用は高速化に抜群の効果を発揮し、劇的に速度改善する効果があります。

ザ・トールは、 Gzip 圧縮とブラウザキャッシュをはじめとする最新の高速表示技術を複数利用することで高速表示を実現しています。

最新情報をチェックしよう!